お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


旅行メモ

 レバノン国内の旅行情報はとても少ない。途中バックパッカーの集まる宿にでも泊まり、情報を集めながら行けば良かったのでしょうが、あいにくそういう場所は苦手なため口コミ情報もなし。シリアから陸路でレバノンのトリポリに入ったので、ベイルートに着くまでの3日間は必死、本当に四苦八苦してしまいました。

 ベイルートのハムラ通りにあるインフォメーションには、各都市のパンフレットが揃っていますし(英語ですが)質問にも丁寧に答えてくれました。国立博物館の開館が「いつ頃?」になるか尋ねると、「I hope next year(来年にはと思っているのですが)」とのこと。内戦で瓦礫と化した市街地の再開発が最優先で、文化事業はどうしても遅れるのでしょうが、ビブロスから発掘されここに収蔵されているという「青銅の兵士群像」を1日も早く見たいものです。

 OPENは月~土の08:00~14:00となっていましたが、早め(午前中)に行かれた方が良いでしょう。

1997年7月現在 : 1ドル=1,500ポンド

楽天のおすすめ

最近買いました