お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


安芸から広瀬へ

華麗なショー・タイム
華麗なショー・タイム
 和鋼博物館を離れ、広瀬への道をたどる頃、頭上にきれいな筋雲が広がってきました。空が刻々とその赤みを増すにつれ、ソワソワと落ち着かない気分になり、安来節像のある橋まで来た時、ガマンできずに車を停めました。こんな豪華なヴェールの下では気が散って、運転どころじゃありませんからね。

楽天のおすすめ

最近買いました