カテゴリー

 

2017年2月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

これまでの今日この頃

知人のサイト


フィリピンダイブ旅行

PADIライセンス取得後の初ダイブ計画、吟味の末フィリピンのセブ島に決めました。「初心者でも安心のお殿様ダイビングができる」とガイドブックで読んだからです。とは言え、講習で上手くいかなかったあれやこれやが頭に浮かび不安一杯の旅立ちでした。ドキドキハラハラのフィリピン初ダイブ旅行から戻って1週間、ようやく振り返る余裕が出てきましたのでご報告します。

パングラオ島NOVAビーチリゾートホテル

パングラオ島NOVAビーチリゾートホテル

目的地パングラオ島の玄関口は、セブ島からフェリーで2時間のボホール島。両島は橋で結ばれており、今回の宿NOVAビーチリゾートホテルは車で40分ほどの道のりです。ホテルの設備は古いのですが、海を見下ろす立地は最高。初ダイブは、眼下に見えているハウス・リーフでの筏ダイブとなりました。

日本ではめったに見られないカニハゼ

日本ではめったに見られないカニハゼ

耳抜きが上手くできない、水深10m以上は潜ったことがないと不安材料は多々ありましたが、スタッフのケイコさんがマンツーマンでついてくれているので2つとも難なくクリアー、無事16mの海底に着きました。ここでは背びれの模様がまるで蟹のように見えるカニハゼに遭遇。後で聞きましたら日本では滅多にお目にかかれないお魚だとか。これは初めからラッキーなことです。以下水中の写真は一緒に潜った小日向さんのを借用しました。小日向さん、ありがとうございます!

パングラオ島周辺のダイビングスポット

パングラオ島周辺のダイビングスポット

ハウスリーフでの筏ダイブ以外で潜ったのが、パングラオ島【8】のアロナビーチと【9】のカリパラン。翌日はバリカサグ島遠征で【1】サンクチュアリー【2】ロイヤルガーデン【3】ブラックホレストの計6か所6本潜りました。講習ダイブから通算すると10本目となり、無事2桁と相成りました。

バラクーダを追いかけるギンガメアジの群れ

バラクーダを追いかけるギンガメアジの群れ

バリカサグ島のサンクチュアリーは巨大な崖に沿って進む、初心者にはちょっと怖いコース。沈まないよう浮かないよう恐る恐る泳いでいると、「見て!」と言うかのようにケイコさんが手をあげました。指さす方を見上げてみると、そこにはギンガメアジの群れ。群れは向きを変え深度を変え崖の横から離れず泳ぎ回っていて、よく見るとその先頭には少し大きめの魚がいました。これが「南方の海で見てみたい魚Best10」に入るというバラクーダ(オニカマス)です。又もや「ラッキー!」。

サンゴ礁で仮眠中のアオウミガメ

サンゴ礁で仮眠中のアオウミガメ

次に潜ったロイヤルガーデンの海底は砂地で浅く、先ほどの崖とは雰囲気が全く違います。ここはウミガメが多く見られる場所とかで、海底の海藻を食べている個体、サンゴの間で仮眠している個体といたるところでカメさんに出会えます。寝ている亀には触れるぐらい近寄れますがご用心。バリカサグ島周辺ではサンゴや水中生物に触ることはご法度です。そのため手袋なしの素手で潜りました。時々レンジャーが見回り、違反を目撃されると宿に迷惑かかるそうですので気を付けましょう。

今回はダイビングに特化した日本人の宿で、BCのセッティングから装着までスタッフがしてくれ、ボートに上がるときも素早く水中で機材を外してくれるのでロートルにも楽でした。夕食時に皆さんに「初ダイブをここにしたのは正解」と褒められながらも「ここでのダイビングを経験してしまうと他では潜れなくなりますよ」と冗談半分で言われてしまいました。これだけ楽させてもらうと、確かにそうかもしれません。これも怖い。

明治村「坐魚荘」

 専攻を変え3回目の入学となった放送大学。今期は「権力の館」と「錯覚の化学」の2科目を取りました。「権力の館」を執筆したのは、、「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」のメンバーにもなっている政治学者、御厨貴教授です。初回の授業で紹介されたのは、老境を迎えた元老西園寺公望が住まいとした興津の「坐漁荘」でした。

明治村に移築された西園寺公望の「坐漁荘」

 様々なエピソードと共にに映し出される家の佇まいに興味を惹かれ始めたところ、「実はこれは復元家屋で、オリジナルは明治村に移築されています」とのこと。明治村には夏目漱石の旧宅も移築されているし、旧帝国ホテルも見てみたい。と言うことで、行ってきました明治村。

「坐漁荘」2階より海に見立てた入鹿池を望む

 駿河湾に見立てた入鹿池を見下ろす高台には庭木も一緒に移築されており、「庭を移すのにはかなりの時間がかかった」と聞きました。これにより当時の興津「坐漁荘」の雰囲気がリアルに感じれれます。「興津詣での記者たちが垣根の脇に陣取っても2階の居間に座す客人が見えないような配置であった」と授業で聞いたように、確かに両者は絶妙な位置関係にありました。内部は自由に見ることはできず、1日8回催行される建物ガイドによる見学となりますがこの2階からの眺めは必見です。ガイド時間をチェックして、貴重な口吹きガラスの歪みと共にお楽しみください。

チェッカー・シャドウ錯視

 さて「錯覚の化学」の方も中々に面白い授業です。こちらは有名なチェッカー・シャドウ錯視」で、「AとB、両者は全く同じ色なのにBの方が明るく見える」錯覚現象です。他にも「カフェ・ウォール錯視」「クレーター錯視」「ポンゾ錯視」等々トリッキーな錯視に、授業を受けながらも「エッ、噓でしょう?!」と思ってしまいます。これらが次々に科学的に解明されていくのですから、試験のことを考えなければ本当に楽しい科目です。

鎌倉八幡宮の段葛は「奥行き錯視」を利用

 遠近感を建造物等に利用した例として、鎌倉八幡宮の段葛が紹介されました。参道入り口では約5m幅だった参道が八幡宮に近づくにしたがって狭くなり、最終的にはほぼ半分になっています。実際より距離が長く感じてしまうこの錯視、東京デズニーランドなどでも見られますよね。各地のアミューズメント施設でも積極的に利用されているそうですから、気を付けて見ていれば又新しい発見があるかもしれませんよ。

ダイバーになる

 ダイビングのCカード(PADIのオープン・ウォーター・ダイバー・コース)取得しました(^_-)-☆。2か月前には海に潜るなんて全く考えてもいませんでしたが、シュノーケリングの道具を買いに行ったお店で勧められ「今からでもできるなら」とおっかなびっくり受講することにしたのでした。

限定水域(プール)講習

 学科を終えたらボンベを背負って限定水域(プール)での講習。難しかったのは水中で無重力状態で漂う中性浮力と、マスクの中に入った水を水中で排出するマスククリアー。炎天下に何度も繰り返される練習に気分も悪くなり「やっぱり無理だったか?」と受講したことを悔やんだ瞬間でもありました。

宜野湾トロピカルビーチ、エントリーポイント

 後日改めてプール講習の続きをしてもらい後は海洋講習、だったのですが次々と通過する台風の影響で中々海に入れません。ウネリがおさまるのを数日待って1日目はボートダイビングでしたが、2日目は悪天のためボートが出せずトロピカルビーチからの徒歩エントリーとなりました。写真は先月末に撮った宜野湾消防署の救難訓練の様子ですが講習が行われたのもまさにこの場所。隊員の方々は楽々エントリーしてましたが、重い装備を背負ってここを歩くのは本当にきつかった。

左手トロピカルビーチ、中央奥那覇方面、右手が講習が行われた水域

 時々雨脚が強くなり風が吹くと寒いようなお天気ではありましたが、この日ですべての講習が終わり気分は晴れ晴れ。本部に戻ってからダイビング記録の記入法を教えてもらい、やっとダイバーの仲間入り。死ぬまでにしたかったことの一つが果たせ、何となくシアワセ。

 写真左手がトロピカルビーチ、中央奥が那覇方面、右手が講習水域です。

海洋博公園花火大会2016

沖縄の本土復帰記念事業として行われた海洋博覧会から早40年。跡地は記念公園になっていて、ご存知美ら海水族館はその目玉施設です。今年は「40周年記念花火大会」があると知り行ってみることにしました。会場は水族館北のエメラルド [...] . . . → 続きを読む: 海洋博公園花火大会2016

東京港野鳥公園

 東京港野鳥公園に行ってきました。大型トラックが行き交う環七添いの大田市場に隣接する公園です。駐車場に車を停めたときには「ここに野鳥が??」と思いましたが、園内に入るとその杞憂は吹き飛びました。東西に分かれた園内は木立に [...] . . . → 続きを読む: 東京港野鳥公園

運河とアオサギ

 運河沿いの遊歩道を散歩していたら、人の気配に驚いたのか近くの欄干から大形の鳥が飛び立ちました。この辺では余り見かけない鳥です。  止まり直したのを確認し、今度は慎重に間合いを詰めていきました。対岸に見えているのは、日本 [...] . . . → 続きを読む: 運河とアオサギ

横浜税関2代目庁舎

 母の遺品を整理していて制服姿の祖父の写真を見つけました。幼いころの話としては「お父さんが横浜税関に勤めていたが、剣道の試合に行って倒れて帰らぬ人になってしまった」と聞いていますから、これは税関の制服に違いありません。で [...] . . . → 続きを読む: 横浜税関2代目庁舎

メジロ

 先週、母の49日法要と納骨を無事済ませました。その前日、「小鳥が来ているよ」の兄の言葉に空を見上げてみれば満開の梅にメジロ達が群がっておりました。1月末に母を家に迎えた時にはまだつぼみが堅かったのに、忙しく立ち働いてい [...] . . . → 続きを読む: メジロ

ヤンバルクイナとノグチゲラ

 葬儀の後の諸手続きを終えて一息ついたころ、「家路」のマスター橋本さんが亡くなりました。火葬場でのお別れの時、母の時には出なかった涙が溢れてきました。2人の死は「一つの時代が終わった」と感じさせる重い出来事でした。  法 [...] . . . → 続きを読む: ヤンバルクイナとノグチゲラ

母の会葬礼状

 病床でシャンソンを歌ってくれてから10日、母は94歳の生涯を閉じました。最後の日面会に行くと、様子を見にきた看護助手のラウマさんが「今お母さんの魂が抜けたよ。神様のところに行ったんだね」と言いました。私にはそれがわから [...] . . . → 続きを読む: 母の会葬礼状