カテゴリー

 

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

これまでの今日この頃

知人のサイト


横谷渓谷と蝶

10日に山荘に来てからずっと、1日のうちどこかで雨が降る、といった天気が続いていました。梅雨空のようなその合間を縫って、奥蓼科の横谷渓谷を歩いてきました。「横谷峡遊歩道」となっていましたので軽い気持ちで歩き出したのですが、王滝付近から急こう配の山道になってしっかり汗をかかせてもらいました。

横谷渓谷おしどり隠しの滝

横谷渓谷おしどり隠しの滝

画像は最奥のおしどり隠しの滝。川べりには明治温泉が建っているので、この滝見学だけなら車でも来られるようです。鉄炭酸泉と言うその温泉の成分が含まれているからでしょうか、鉄褐色の滝つぼの色と緑のコケ(か微生物)のコントラストが素敵でした。

スジボソヤマキチョ:八島湿原

スジボソヤマキチョ:八島湿原

ここからは前回に引き続き、最近見かけた蝶特集です。まずは八島湿原で見かけたスジボソヤマキチョウ。翅を広げたところを撮影できなかったので念のため、八島ビジターセンターあざみ館で確認してきました。

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

まるで枯葉のようなこちらの蝶、後ろ翅にある白色のC字模様が確認できシータテハとわかりました。湯ノ湖のレストハウスで見たエルタテハ同様、タテハチョウ科の蝶です。

キベリタテハ:山荘付近

キベリタテハ:山荘付近

今日ベランダにキベリタテハが迷い込んできましたが、カメラを取りに行っている間に逃げてしまいました。屋内でバタバタしては翅が傷むので蝶のためには良かったのですが、残念ながら撮影ができませんでした。なので、こちらの画像は知人が数日前に撮ったのを借用しました。

本日ご紹介した蝶はどれも、図鑑「日本のチョウ」の珍しさ度で3にランキングされていました。ちなみに珍しさ度は5段階評価で、馴染みの深いアゲハチョウやモンシロチョウは珍しさ度1。前回ご紹介したアサギマダラは2、エルタテハとアサマイチモンジは3となっています。

高原の蝶

家路の仲間と訪問した奥日光に引き続き、今は長野の山荘で家族とお盆休みを過ごしています。今日は奥日光の小田代ヶ原と、山荘のある八子が峯で撮った蝶をご紹介しますね。
ホシミスジ(小田代ヶ原)

ホシミスジ(小田代ヶ原)

最初は小田代ヶ原で出会ったタテハチョウ科の蝶、ホシミスジ。線状に連なる白斑が目立つ蝶の種類は多く、図鑑を前にしても悩ましい所ですが、白斑の位置と「食草はシモツケ、ホザキシモツケ、ユキヤナギ等」となってましたから多分間違いないでしょう。
湯ノ湖畔のレストハウスに迷い込んできたエルタテハ

湯ノ湖畔のレストハウスに迷い込んできたエルタテハ

ハイキングを終えて湯ノ湖畔のレストハウスで生ビールを飲んでいた時、等近くでバタバタしていたのがこちらの蝶。逆光で見難いですが、調べてみるとどうやらこれはエルタテハ。でも裏側のL字状紋を確認できていないので、興味のある方は図鑑等で調べてみて下さい。
ヒメキマダラヒカゲ

ヒメキマダラヒカゲ

こちらは八子が峯登山口近くの笹薮を飛んでいた蝶です。もっと観察していたかったのですが、林間学校の生徒さんたちが通り過ぎている間にいなくなってしまいました。だからこちらも不確実なのですが、その斑紋の形状と位置から多分ヒメキマダラヒカゲ。
アサギマダラ

アサギマダラ

こちらは図鑑を調べるまでもなく「アサギマダラ!」。裏翅下部に黒班がありますからアサギマダラの雄ですね。撮影後山荘に戻りましたら1頭が迷い込んできて、翅を傷つけずに外を出すのに苦労してしまいました。沖縄の魚もカラフルで見飽きませんが、高原の蝶も負けずにあでやかで素敵ですね。

ナンヨウツバメウオの幼魚

先日は美ら海水族館とセットで訪れたため充分な時間が取れなかったので、昨日備瀬崎海岸を再訪しました。今回はたっぷり半日です。

伊江島を遠望する備瀬崎海岸

伊江島を遠望する備瀬崎海岸

夏休み初日とあって海岸は家族連れで大にぎわい。干潮の時間帯でしたので、前方の小島に続く岩礁 も露出しています。では前回行かなかった対岸に渡ってみましょう。
潮だまりに浮かんでいるのは「枯葉?」

潮だまりに浮かんでいるのは「枯葉?」

潮だまりには魚、ウニ、カニ等が観察できます。その中に枯葉状の物体が浮かんでいたので不思議に思って近づいてみると。「動いた!!」。
枯葉に擬態したナンヨウツバメウオの幼魚

枯葉に擬態したナンヨウツバメウオの幼魚

枯葉だと思っていましたが、なんとこちら魚です。「写真を」と思いましたがこの子がいるのは水面直下。上からだと反射ではっきり撮れず、水中からと思っても浅すぎて体を沈めることもできません。でも気配を察知してか徐々に移動を始めたので、短時間ですが動画を撮ることができました。

ナンヨウツバメウオの幼魚のYoutube動画

ゴマモンガラ

水中カメラTG-5と防水プロテクターのテストに伊計島のビーチに行ってきました。伊計島へは勝連半島から海中道路を通り、平安島、宮城島経由で向かいます。海中道路の写真を撮るため、中央部にある海の駅あやはし館に立ち寄りました。 [...] . . . → 続きを読む: ゴマモンガラ

漢那ダムの蝶とトンボ

沖縄県内22のダムの内11か所が本島にあり、そのほとんどが北部ヤンバルに作られています。本日はその中の1つ、「ダム100選」にも選ばれた漢那(かんな)ダムに行ってきました。展望台に立つ解説版によるとダム100選とは『全国 [...] . . . → 続きを読む: 漢那ダムの蝶とトンボ

水中カメラ

海をもっと楽しむため、水中カメラを防水プロテクターと一緒に買いました。オリンパスタフシリーズの最新機種、TG-5です。 カメラテストを兼ね向かったのは美ら海水族館のある本部半島。水族館で年間パスポートを更新し、半日黒潮の [...] . . . → 続きを読む: 水中カメラ

山荘の一ヶ月

5月から6月、山荘周辺は春から初夏へと目まぐるしく変化していきます。連休明けの訪問をまず出迎えてくれたのがショウジョウバカマ。紅色の袴に例えられたその赤紫の花が終わる頃、山荘下の斜面に顔を出すのがワラビです。30分もたた [...] . . . → 続きを読む: 山荘の一ヶ月

カルガモの赤ちゃん

友人に教えられ、京浜運河にカルガモの赤ちゃんを見に行ってきました。2007年に始まった港区芝浦港南地区のカルガモプロジェクト。運河の上に設置された人口巣から、毎年多くのヒナが誕生しているそうで、今年も愛くるしいヒナの姿が [...] . . . → 続きを読む: カルガモの赤ちゃん

岩村城

先日40年来の友人から「元気?」と連絡が入りました。私が夢に出てきたので「何かあったのでは?」と心配して電話をくれたとのこと。声を聞くのもかれこれ10年ぶりのことなので、これも何かのご縁?かと恵那市まで訪ねていくことにし [...] . . . → 続きを読む: 岩村城

島野菜ハンダマ

八重山諸島を旅行中、西表島で入った寿司屋さんのメニューにあったのが「ハンダマの酢味噌和え」。ママさんに尋ねるとハンダマとは島野菜とのこと。初耳の野菜だったのでどんなものかと注文してみたら、出てきたのが色鮮やかなこちらの小 [...] . . . → 続きを読む: 島野菜ハンダマ