カテゴリー

 

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

これまでの今日この頃

知人のサイト


水中カメラ初めの一歩

最新型の水中カメラを買ってはみたものの、耳抜きが苦手で中性浮力が上手くとれないとあっては水中で使う自信が持てず、何度かシュノーケリングで使っただけでした。これではならじと一念発起、この秋アドバンスのライセンスを取得しました。5回のダイビングで練習を重ねた結果、以前より不安なく潜行できるようになった気がします。

ダイビングボートが発着する瀬良垣港

ダイビングボートが発着する瀬良垣港

さあ次はどこでカメラテクニックを学ぶかです。「海からメッセージ」というTV番組を見ていて、主催者の水中カメラマン広部さんが沖縄でダイビングショップを開いていると知りました。この方ならと電話を入れたらトントントンと話が進み、水中カメラデビューの日が決まりました。それが昨日、スタートは恩納村の瀬良垣港です。

1本目のターゲットはカクレクマノミ

1本目のターゲットはカクレクマノミ

出発前に撮影アングル、魚への寄りかた等簡単なレクチャーを受け、「あれこれ欲張らず1本のダイビングで1種類の魚に集中して撮りましょう」と声を掛けられスタートです。1本目の被写体はカクレクマノミです。撮影位置を教えてもらったこともあり、最初にしては奇麗に撮れているでしょう。でも何故か焦って撮っていたようで上がってから、「もう少しゆっくり、シャッターを押したら一息入れてからカメラを動かすような気持で」とアドバイスされました。

アカマツカサが群れる洞窟

アカマツカサが群れる洞窟

2本目はホーシュポイントでハタタテハゼを狙います。このポイント、潜ったらすぐ洞窟に誘導されちょっとビビりました。こんな狭い空間初めてですからね。でもライトを当てられた内部は美しく、天井に群れていたアカマツカサがキラキラ輝いて見えました。キンメダイに似ているけど、こちらも美味しいのかしら?

優雅で愛らしいハタタテハゼ

優雅で愛らしいハタタテハゼ

洞窟を抜けてしばらく泳ぐと、あちらにもこちらにもハタタテハゼ。今まで1匹でも会えれば「ラッキー」と思ってましたのに、こんなにたくさん見られるなんて感激。でも数十匹のハゼが泳ぎ回るのですから、どこにカメラを向けたら良いのか目移りしてしまいます。それでもシャッターをゆっくり押すようには心掛けたのですが今度は、「目の前だけでなくもう少し周囲を見て対象を選ぶとよいですね」とのアドバイスです。

エイリアンのようなキンチャクガニ

エイリアンのようなキンチャクガニ

本日予定していた2種類の魚の撮影は終わりました。もうボートに戻るだけかな、と思っていましたが途中でこのキンチャクガニを見せてくれました。小さな蟹で、甲羅の幅は1㎝に満たないのではないでしょうか。全体でも大人の親指の爪くらいの大きさです。手に持っているボンボンのような物はイソギンチャクで、その毒を武器にして魚を撃退しているのだとか。面白い生き物ですね。

最後に撮った画像を見ながら「サイズは3対2の方が良いですね」「ここはもう少し下から」「魚の顔の向く方に余白を」「対象が引き立つ背景を考えて」等々適格なアドバイスもいただきました。水中カメラデビューとしては最高の1日、広部さんどうもありがとうございます!

今帰仁城跡と正子・サマーズ絵画展

友人から「横谷渓谷の後はどうしているの?」とメッセージが入りました。「ハーイ今沖縄にいます!」。今週初めに行った南部の名所ガンガラーの谷に引き続き、昨日は北部の今帰仁城跡を見学してきました。

世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ今帰仁城跡

世界遺産「琉球王国のグスク及び関連遺産群」の一つ今帰仁城跡

沖縄の世界遺産は「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として5つのグスク(城)を核に9つの遺跡群で構成されています。グスクとしてはお馴染みの首里城はじめ、勝連、中城、座喜味、そしてこちらの今帰仁(なきじん)城跡です。今回このお城に行ってみようと思ったのは、前日テレビで「今帰仁歴史文化センターで正子・R・サマーズさんの絵画展が開かれています」と報道されていたからです。

正子・ロビンズ・サマーズさん絵画展

正子・ロビンズ・サマーズさん絵画展

会場の略歴には『1932年、4歳で那覇の遊郭に売られ、1950年、「米公法717による結婚第一号」として渡米。1972年、生計を支えるため自ら描いた絵を売り始める。2016年、アリゾナ州ユマで永眠。享年88』とありました。そんな過酷な人生を突き抜け、展示されている作品は清々しくて力強く、どこか懐かしさを感じるものばかりでした。絵画展は明日10月1日までですが、第54回ギャラクシー賞優秀賞「Born Again ~ 画家正子・R・サマーズの人生」は以下のURLで、(最初多少の宣伝が入りますが)見ることができます。

ドキュメンタリー傑作選・Hope 暗闇のなかで〜画家 正子・R・サマーズ〜 0110 201707170205 – Dailymotion動画 

主郭に咲いていた黄色い曼殊沙華

主郭に咲いていた黄色い曼殊沙華

最後は今帰仁城跡に咲いていた花2題。まずは最深部の主郭(本土のお城では本丸)の石垣に咲いていた黄色い曼殊沙華。赤い曼殊沙華は妖し気で、お墓に咲いていると不気味な感じもしてましたが、黄色だと明るくゴージャスに感じてしまうのは何故でしょう?

フウリンブッソウゲ

フウリンブッソウゲ

風に揺れる姿がなんとも愛らしいフウリンブッソウゲ。下に長く伸びた筒状の雄しべといい、花の形といい、「風鈴」とはピッタリの命名です。ハイビスカスの一種ですが、そこはかとなく漂う風情はこちらが上かな。沖縄の青い空に映えて、いつまでも見ていたい花でした。

横谷渓谷と蝶

10日に山荘に来てからずっと、1日のうちどこかで雨が降る、といった天気が続いていました。梅雨空のようなその合間を縫って、奥蓼科の横谷渓谷を歩いてきました。「横谷峡遊歩道」となっていましたので軽い気持ちで歩き出したのですが、王滝付近から急こう配の山道になってしっかり汗をかかせてもらいました。

横谷渓谷おしどり隠しの滝

横谷渓谷おしどり隠しの滝

画像は最奥のおしどり隠しの滝。川べりには明治温泉が建っているので、この滝見学だけなら車でも来られるようです。鉄炭酸泉と言うその温泉の成分が含まれているからでしょうか、鉄褐色の滝つぼの色と緑のコケ(か微生物)のコントラストが素敵でした。

スジボソヤマキチョ:八島湿原

スジボソヤマキチョ:八島湿原

ここからは前回に引き続き、最近見かけた蝶特集です。まずは八島湿原で見かけたスジボソヤマキチョウ。翅を広げたところを撮影できなかったので念のため、八島ビジターセンターあざみ館で確認してきました。

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

まるで枯葉のようなこちらの蝶、後ろ翅にある白色のC字模様が確認できシータテハとわかりました。湯ノ湖のレストハウスで見たエルタテハ同様、タテハチョウ科の蝶です。

キベリタテハ:山荘付近

キベリタテハ:山荘付近

今日ベランダにキベリタテハが迷い込んできましたが、カメラを取りに行っている間に逃げてしまいました。屋内でバタバタしては翅が傷むので蝶のためには良かったのですが、残念ながら撮影ができませんでした。なので、こちらの画像は知人が数日前に撮ったのを借用しました。

本日ご紹介した蝶はどれも、図鑑「日本のチョウ」の珍しさ度で3にランキングされていました。ちなみに珍しさ度は5段階評価で、馴染みの深いアゲハチョウやモンシロチョウは珍しさ度1。前回ご紹介したアサギマダラは2、エルタテハとアサマイチモンジは3となっています。

高原の蝶

家路の仲間と訪問した奥日光に引き続き、今は長野の山荘で家族とお盆休みを過ごしています。今日は奥日光の小田代ヶ原と、山荘のある八子が峯で撮った蝶をご紹介しますね。 最初は小田代ヶ原で出会ったタテハチョウ科の蝶、ホシミスジ。 [...] . . . → 続きを読む: 高原の蝶

ナンヨウツバメウオの幼魚

先日は美ら海水族館とセットで訪れたため充分な時間が取れなかったので、昨日備瀬崎海岸を再訪しました。今回はたっぷり半日です。 夏休み初日とあって海岸は家族連れで大にぎわい。干潮の時間帯でしたので、前方の小島に続く岩礁 も露 [...] . . . → 続きを読む: ナンヨウツバメウオの幼魚

ゴマモンガラ

水中カメラTG-5と防水プロテクターのテストに伊計島のビーチに行ってきました。伊計島へは勝連半島から海中道路を通り、平安島、宮城島経由で向かいます。海中道路の写真を撮るため、中央部にある海の駅あやはし館に立ち寄りました。 [...] . . . → 続きを読む: ゴマモンガラ

漢那ダムの蝶とトンボ

沖縄県内22のダムの内11か所が本島にあり、そのほとんどが北部ヤンバルに作られています。本日はその中の1つ、「ダム100選」にも選ばれた漢那(かんな)ダムに行ってきました。展望台に立つ解説版によるとダム100選とは『全国 [...] . . . → 続きを読む: 漢那ダムの蝶とトンボ

水中カメラ

海をもっと楽しむため、水中カメラを防水プロテクターと一緒に買いました。オリンパスタフシリーズの最新機種、TG-5です。 カメラテストを兼ね向かったのは美ら海水族館のある本部半島。水族館で年間パスポートを更新し、半日黒潮の [...] . . . → 続きを読む: 水中カメラ

山荘の一ヶ月

5月から6月、山荘周辺は春から初夏へと目まぐるしく変化していきます。連休明けの訪問をまず出迎えてくれたのがショウジョウバカマ。紅色の袴に例えられたその赤紫の花が終わる頃、山荘下の斜面に顔を出すのがワラビです。30分もたた [...] . . . → 続きを読む: 山荘の一ヶ月

カルガモの赤ちゃん

友人に教えられ、京浜運河にカルガモの赤ちゃんを見に行ってきました。2007年に始まった港区芝浦港南地区のカルガモプロジェクト。運河の上に設置された人口巣から、毎年多くのヒナが誕生しているそうで、今年も愛くるしいヒナの姿が [...] . . . → 続きを読む: カルガモの赤ちゃん