カテゴリー

 

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

これまでの今日この頃

知人のサイト


横谷渓谷と蝶

10日に山荘に来てからずっと、1日のうちどこかで雨が降る、といった天気が続いていました。梅雨空のようなその合間を縫って、奥蓼科の横谷渓谷を歩いてきました。「横谷峡遊歩道」となっていましたので軽い気持ちで歩き出したのですが、王滝付近から急こう配の山道になってしっかり汗をかかせてもらいました。

横谷渓谷おしどり隠しの滝

横谷渓谷おしどり隠しの滝

画像は最奥のおしどり隠しの滝。川べりには明治温泉が建っているので、この滝見学だけなら車でも来られるようです。鉄炭酸泉と言うその温泉の成分が含まれているからでしょうか、鉄褐色の滝つぼの色と緑のコケ(か微生物)のコントラストが素敵でした。

スジボソヤマキチョ:八島湿原

スジボソヤマキチョ:八島湿原

ここからは前回に引き続き、最近見かけた蝶特集です。まずは八島湿原で見かけたスジボソヤマキチョウ。翅を広げたところを撮影できなかったので念のため、八島ビジターセンターあざみ館で確認してきました。

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

白色のC字模様が目印のシータテハ:八島湿原

まるで枯葉のようなこちらの蝶、後ろ翅にある白色のC字模様が確認できシータテハとわかりました。湯ノ湖のレストハウスで見たエルタテハ同様、タテハチョウ科の蝶です。

キベリタテハ:山荘付近

キベリタテハ:山荘付近

今日ベランダにキベリタテハが迷い込んできましたが、カメラを取りに行っている間に逃げてしまいました。屋内でバタバタしては翅が傷むので蝶のためには良かったのですが、残念ながら撮影ができませんでした。なので、こちらの画像は知人が数日前に撮ったのを借用しました。

本日ご紹介した蝶はどれも、図鑑「日本のチョウ」の珍しさ度で3にランキングされていました。ちなみに珍しさ度は5段階評価で、馴染みの深いアゲハチョウやモンシロチョウは珍しさ度1。前回ご紹介したアサギマダラは2、エルタテハとアサマイチモンジは3となっています。

高原の蝶

家路の仲間と訪問した奥日光に引き続き、今は長野の山荘で家族とお盆休みを過ごしています。今日は奥日光の小田代ヶ原と、山荘のある八子が峯で撮った蝶をご紹介しますね。
ホシミスジ(小田代ヶ原)

ホシミスジ(小田代ヶ原)

最初は小田代ヶ原で出会ったタテハチョウ科の蝶、ホシミスジ。線状に連なる白斑が目立つ蝶の種類は多く、図鑑を前にしても悩ましい所ですが、白斑の位置と「食草はシモツケ、ホザキシモツケ、ユキヤナギ等」となってましたから多分間違いないでしょう。
湯ノ湖畔のレストハウスに迷い込んできたエルタテハ

湯ノ湖畔のレストハウスに迷い込んできたエルタテハ

ハイキングを終えて湯ノ湖畔のレストハウスで生ビールを飲んでいた時、等近くでバタバタしていたのがこちらの蝶。逆光で見難いですが、調べてみるとどうやらこれはエルタテハ。でも裏側のL字状紋を確認できていないので、興味のある方は図鑑等で調べてみて下さい。
ヒメキマダラヒカゲ

ヒメキマダラヒカゲ

こちらは八子が峯登山口近くの笹薮を飛んでいた蝶です。もっと観察していたかったのですが、林間学校の生徒さんたちが通り過ぎている間にいなくなってしまいました。だからこちらも不確実なのですが、その斑紋の形状と位置から多分ヒメキマダラヒカゲ。
アサギマダラ

アサギマダラ

こちらは図鑑を調べるまでもなく「アサギマダラ!」。裏翅下部に黒班がありますからアサギマダラの雄ですね。撮影後山荘に戻りましたら1頭が迷い込んできて、翅を傷つけずに外を出すのに苦労してしまいました。沖縄の魚もカラフルで見飽きませんが、高原の蝶も負けずにあでやかで素敵ですね。

ナンヨウツバメウオの幼魚

先日は美ら海水族館とセットで訪れたため充分な時間が取れなかったので、昨日備瀬崎海岸を再訪しました。今回はたっぷり半日です。

伊江島を遠望する備瀬崎海岸

伊江島を遠望する備瀬崎海岸

夏休み初日とあって海岸は家族連れで大にぎわい。干潮の時間帯でしたので、前方の小島に続く岩礁 も露出しています。では前回行かなかった対岸に渡ってみましょう。
潮だまりに浮かんでいるのは「枯葉?」

潮だまりに浮かんでいるのは「枯葉?」

潮だまりには魚、ウニ、カニ等が観察できます。その中に枯葉状の物体が浮かんでいたので不思議に思って近づいてみると。「動いた!!」。
枯葉に擬態したナンヨウツバメウオの幼魚

枯葉に擬態したナンヨウツバメウオの幼魚

枯葉だと思っていましたが、なんとこちら魚です。「写真を」と思いましたがこの子がいるのは水面直下。上からだと反射ではっきり撮れず、水中からと思っても浅すぎて体を沈めることもできません。でも気配を察知してか徐々に移動を始めたので、短時間ですが動画を撮ることができました。

ナンヨウツバメウオの幼魚のYoutube動画

ゴマモンガラ

水中カメラTG-5と防水プロテクターのテストに伊計島のビーチに行ってきました。

勝連半島と島々を結ぶ海中道路

勝連半島と島々を結ぶ海中道路

伊計島へは勝連半島から海中道路を通り、平安島、宮城島経由で向かいます。海中道路の写真を撮るため、中央部にある海の駅あやはし館に立ち寄りました。施設2階には海の文化資料館があり、かつて交易に使われていたマーラン船や地域の特産品ビーグ(イグサ)織り等が展示されています。入場は無料でした。

お昼ごはんは刺し盛500円

お昼ごはんは刺し盛500円

資料館で時間を過ごすうちお昼近くになってしまったのでここで昼食を取っていくことにしました。お弁当屋沖縄天ぷらも売っていましたが、「刺身あります」の看板に惹かれ刺し盛を買いました。刺身500円、ご飯150円で計650円!

砂浜が600m続く大迫ビーチ

砂浜が600m続く大迫ビーチ

スノーケリングをしたいので、「スノーケリング可」の大迫ビーチを選びました。使用料は大人1人500円で、シャワー更衣室利用代もここに含まれています。さあカメラの準備をして、では入りましょう!

最初に見たコバンアジの群れ

最初に見たコバンアジの群れ

 砂浜がメインだったのであまり期待していなかったのですが、波打ち際で遊ぶ家族連れの足元をコバンアジの集団が通り過ぎていきます。

クマノミとミツボシクロスズメダイの稚魚

クマノミとミツボシクロスズメダイの稚魚

少し泳ぐと珊瑚があり魚が群れています。最初に見かけたコバンアジ、お馴染みのクマノミ、細長いアオヤガラ、いかにも熱帯魚と言ったツノダシ、黒地に白の水玉模様が可愛いミツボシクロスズメダイの稚魚、と百花繚乱の鮮やかさ。

サメより怖い?ガマモンガラ

サメより怖い?ガマモンガラ

小さめの魚が多い中、やや大き目の生き物が動いているのが見えたので近づいてみると、ゴマモンガラが海底の珊瑚をかじっているところでした。数年前の初スノーケリングの時遭遇したら「凶暴で危険なので近づかないように」とガイドさんに注意されたそのゴマモンガラです。体長20㎝程の隣のツノダシと比べるとその大きさが判りますね。怖いので数枚写真を撮ってすぐ退散しました。

多分イイジマウミヘビ

多分イイジマウミヘビ

怖いといえば、次に遭遇したのはウミヘビ。多分こちらはイイジマウミヘビ、だと思います。期待以上に様々な魚が見られて、防水プロテクターのテストとしては楽しい1日になりました。

漢那ダムの蝶とトンボ

沖縄県内22のダムの内11か所が本島にあり、そのほとんどが北部ヤンバルに作られています。本日はその中の1つ、「ダム100選」にも選ばれた漢那(かんな)ダムに行ってきました。展望台に立つ解説版によるとダム100選とは『全国の代表的なダム湖を選定・顕彰することにより、(中略)地域資源としてのダム湖の多様な価値がさらに有効に活用されることを目的としたもの』だそうです。

展望台から見た漢那ダム

展望台から見た漢那ダム

宜野座村にある漢那ダムは本島中央部の東海岸に位置しています。『沖縄自動車道から眺望される位置関係にあることを考慮し(中略)景観設計を取り入れたダムとなっています』と資料に書かれているように、今まで見てきた県内のダムと比べ格段に美しく、又自然観察ができるビオトープ、家族連れでも楽しめる自由広場など周辺の施設も充実しています。

左側に見えるのが重力コンクリート式の本ダムで、両サイドには魚道と人間用の階段も設けられています。『石積み模様の化粧枠』の効果もあって、まるでヨーロッパの古城です。資料によると『沖縄の城(グスク)をイメージ』したのだとか。そう言われると「ナルホド」、そのようにも見えますね。ダム湖右に見えるのがロックフィル式の脇ダムで、その右手に前述の自動車道が通っています。

紫と白の斑紋が美しいリュウキュウムラサキ

紫と白の斑紋が美しいリュウキュウムラサキ

ダム下部の園地で見られたのは紫と白の斑紋が美しいリュウキュウムラサキ(タテハチョウ科)。

琥珀色のオキナワチョウトンボ

琥珀色のオキナワチョウトンボ

ダム上部には広大な湖畔公園と人口の湿地帯「めだかの学校」があります。この湿地で最初に見かけたのは琥珀色の翅が飛ぶ宝石のようにも見えるオキナワチョウトンボです。この個体、翅がまだ破れていないできれいでしょ。オキナワチョウトンボも珍しいそうですが、今日一番感激したのが、ピンクの胴体とレースのような翅を持つお洒落な雰囲気のトンボです。

ベニトンボ

ベニトンボ

最初「赤とんぼ?」と思ったのですが、それにしては胴体が赤くありません。説明版にはヒメハネビロトンボとありましたのでこれで間違いないとは思いましたが、紹介する前に「念のため確認を」と調べてみました。と「アレッツ!」、ヒメハネビロトンボの複眼は黒、胴体は赤、翅は黒みがかってどうもこちらも違うらしいのです。次に沖縄のトンボで検索してようやく見つけました「ベニトンボ!」。お洒落なレディ、の雰囲気ですが実はこちらはオス。メスは地味な茶色のトンボでした。

オオシマガマダラカミキリ

オオシマガマダラカミキリ

こちらは湿地帯への標識の裏にいたオオシマガマダラカミキリ。本州にいるゴマダラカミキリとはどこが違うのか、判りますか?

伊芸海浜公園で見たカバマダラ

伊芸海浜公園で見たカバマダラ

帰路に立ち寄った伊芸海浜公園の遊歩道ではカバマダラが飛び交っていました。野鳥観察のつもりで出かけて行って、ほとんどトンボと蝶を追いかけていた、本日の自然観察はこれでおしまい。

 

水中カメラ

初めての水中カメラOlympusTG-5

初めての水中カメラOlympusTG-5

海をもっと楽しむため、水中カメラを防水プロテクターと一緒に買いました。オリンパスタフシリーズの最新機種、TG-5です。
美ら海水族館からも近い備瀬ビーチ

美ら海水族館からも近い備瀬ビーチ

カメラテストを兼ね向かったのは美ら海水族館のある本部半島。水族館で年間パスポートを更新し、半日黒潮の海を楽しんでから備瀬の浜に行ってみました。浅瀬ではスノーケリングを楽しむ家族連れが多く見え、ここなら楽しめそうです。駐車場に車を止めて直ぐ、上空は雨雲に覆われ瞬く間に雷雨となってしまいました。雨雲レーダーで確認するとこの付近にだけ雨雲がかかっています。幸いなことに30分ほどで通り過ぎ海に入ることができました。
ミスジリュウキュウスズメダイとクロスズメダイ

ミスジリュウキュウスズメダイとクロスズメダイ

雷雨の直後で海がやや濁っていましたがマスク越しに海中を見るとそこには、先ほど美ら海水族館で見た「サンゴの海」の光景が広がっていました。
ムラサメモンガラ

ムラサメモンガラ

スノーケリングでのカメラテストのため、視界の悪さはネックです。それでも、ムラサメモンガラ、ダンダラトラギス、ツノダシ、チョウチョウウオ、ミスジリュウキュウスズメダイ、クロスズメダイクロスズメダイ等を確認できました。
サザナミヤッコの幼魚

サザナミヤッコの幼魚

こちらはサザナミヤッコの幼魚です。濁った水中でも鮮やかな模様はひときわ目立ち、ちょっと追っかけをして撮りました。この日はカメラ本体だけしか操作テストできませんでしたので、次回は防水プロテクターの装着テストをしてみようと思っています。

山荘の一ヶ月

5月から6月、山荘周辺は春から初夏へと目まぐるしく変化していきます。

ショウジョウバカマ

ショウジョウバカマ

連休明けの訪問をまず出迎えてくれたのがショウジョウバカマ。紅色の袴に例えられたその赤紫の花が終わる頃、山荘下の斜面に顔を出すのがワラビです。

ワラビ

ワラビ

30分もたたずこの収穫。毎日新芽(?)が伸びてくるので一人ではとても食べきれない。下山時にストーブの灰と一緒に持ち帰りましたら、娘もその友人たちも「これ何ですか?」。今の方たちは知らないんですね。「灰をまぶした上から熱湯をかけて落し蓋をし、数時間後に洗って食べる」と調理法を伝授。後日「美味しかった!」とメールが届きました。

今年は食害から免れたスズラン

今年は食害から免れたスズラン

ワラビと同じ頃、花をつけるのがスズランです。ここ数年鹿の食害で花壇は全滅の危機に瀕していましたが、2年前から設置している防護ネットの効果で今年は見事咲いてくれました。

梅雨入り前後に咲き出すレンゲツツジ

梅雨入り前後に咲き出すレンゲツツジ

スズランが終わる6月中旬、斜面を彩り始めるのがオレンジ色のレンゲツツジです。いつもこの頃関東甲信越地方は梅雨入りし、7月の(梅雨明けの?)ニッコウキスゲを待つことになります。

 

岩村城

先日40年来の友人から「元気?」と連絡が入りました。私が夢に出てきたので「何かあったのでは?」と心配して電話をくれたとのこと。声を聞くのもかれこれ10年ぶりのことなので、これも何かのご縁?かと恵那市まで訪ねていくことにしました。

岩村城本丸跡

岩村城本丸跡

せっかく遠方まで出かけるのだから、周辺に何か見どころはないかと調べていたら岩村城がヒットしました。確かここは最近NHKが、「もう一つの女城主の城」として取り上げていたお城のようです。これは見るべきと行ってみることにしました。高速代節約と茅野から一般道で長野県を南下、恵那市に入りました。岩村城入口と書かれた道はすれ違いが難しいような狭い山道でしたが、駐車場は本丸のほぼ真下、すぐ本丸跡に立つ事が出来ました。

方位盤には織田領と徳川領を示す文字

方位盤には織田領と徳川領を示す文字

織田信長の叔母おつやが城主を務めたのは織田領と武田領が接してた時のことですが、その後の勢力図を反映してか本丸跡に置かれた方位盤には織田と徳川の文字が刻まれていました。

本丸北東面には石垣が積み重なる六段壁

本丸北東面には石垣が積み重なる六段壁

 本丸の北東面には石垣が六段にも積み重なる六段壁があります。解説によると「背面の高石垣の崩落を防ぐ補強の石垣」だそうで、その姿は一見ピラミッドのようにも見えます。六段壁下部、石段横に見えているのが番組で「岩村城の由来となった」と紹介されていた大きな岩です。歴史的にも造形的にも素晴らしい六段壁ですが、その真ん前に設置された電柱はちょっと無粋。一考をお願いしたいものです。

岩村城案内図

岩村城案内図

このお城の歴史がもう少し詳しく知りたいと、「下って10分」の資料館に行くことにしたのですが、これがまあ急な坂の連続でかなり大変。資料館で先の駐車場に戻る道を尋ねたら「今来た道を本丸まで引き返してもらうのが一番近いです」って!

岩村城が日本三大山城の一つであることを噛みしめながら20分かけ、本丸(駐車場)への道を登ったのでした。どうせ往復するのであれば資料館側の広い駐車場に車を停め、館内で基礎知識を得てから本丸まで登ることをお勧めします。

島野菜ハンダマ

西表島の寿司屋初枝で食べたハンダマの和え物

西表島の寿司屋初枝で食べたハンダマの和え物

八重山諸島を旅行中、西表島で入った寿司屋さんのメニューにあったのが「ハンダマの酢味噌和え」。ママさんに尋ねるとハンダマとは島野菜とのこと。初耳の野菜だったのでどんなものかと注文してみたら、出てきたのが色鮮やかなこちらの小鉢です。恐る恐る口に運んでみるとみるとこれが「いける!!」。軽いアクとヌメリがあり酢味噌と良く合います。お寿司も美味しかったけど、こちらは印象に残るお味でした。
スーパーで買ったハンダマ

スーパーで買ったハンダマ

後日、スーパーの野菜コーナーでハンダマを売っているのを見かけ、物は試しと買ってみました。葉表の緑と葉裏の紫のツートンカラーが美しい、こちらがハンダマで一把100円(写真はその半分)。料理法が判らなかったので、寿司屋で食べた酢味噌和えに挑戦。味噌だれを作ってから、本体の調理にかかります。
ハンダマを湯がく

ハンダマを湯がく

茎は堅そうだったので、葉だけをちぎり湯がいてみました。湯通し程度が良いのかしっかり熱を通すべきか判らないので、時間は適当。しんなりしたところで水に晒し5㎝ほどに切りそろえます。
ハンダマの酢味噌和え完成

ハンダマの酢味噌和え完成

切ったハンダマを小鉢に盛り、酢味噌をかけたら出来上がり。見かけはちょっと違うけど食べてみると「これこれ」、あの時のと同じ味がしました。難を言えばもう少し歯ごたえが欲しかったかな。次回は早めに引き上げてシャキシャキ感を出し、切り方ももう少し大きくしようと思いましたが、初回としては上出来です。 ネットで調べてみますとハンダマは「昔から薬草として用いられており・・・」とか「造血、止血、貧血にも効果あり」と紹介されています。体に良いうえ値段もそう高くはないとは優等生食材ですね。次は炒め物や汁物も試してみましょう。

マンタ見た!

そろそろ海も暖かくなってきただろうと、友人達と3人で八重山諸島の石垣島と西表島に行ってきました。昨年12月にフィリピンで潜ってからそろそろ半年。そろそろ海に入らないと又振出しに戻りそう、ということで今回の主目的は「ダイビング!」です。
マンタを見られて喜びのVサイン

マンタを見られて喜びのVサイン

石垣島でダイビングと言ったらどのガイドブックにも「マンタ」のことが載っています。無理を承知でショップには「初心者ですが可能であればマンタが見たい」と依頼メールを入れておきました。しかし当日は波が高く友人たち2人はスノーケリングでしたから半分諦めていたのです。でも、でもです。
頭上を通過するナンヨウマンタ

頭上を通過するナンヨウマンタ

「見られない事もありますよ」と念押しされて潜った岩礁で、無事1頭のマンタを見ることができました。通過するマンタを見送るだけかと思ってましたが、ここは体に付いた寄生虫を小魚に掃除してもらうためのクリーニングポイント、ゆっくり何度も何度も頭上を旋回するマンタをじっくり観察することができ感激しました。
証拠写真(?)

証拠写真(?)

その上この日の午前中には、コブシメの交接、産卵、オス同士のけんかまで見ることができ本当に「ラッキー!」
コブシメ、どこにいるかわかりますか?

コブシメ、どこにいるかわかりますか?

スノーケリングをしていた友人たちも海面から見ることができたそうで、こちらが海面からの写真。右が交接後にサンゴに卵を産み付けるメスのコブシメ、左がそれをほかのオスから守るオスのコブシメです。
サンゴに卵を産み付けるコブシメのメス

サンゴに卵を産み付けるコブシメのメス

マンタにコブシメと、1日で数日分楽しめた石垣島のダイビング、最後の写真以外はすべてダイビングショップSea-trip(シートリップ)さんの提供です。ありがとうございました!!!