お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


クーレン山

 受付で車をチャーターする話をしていましたら後ろから、「一緒に行きましょうか」と2人連れの女性の声。人数が増えれば車代をシェアできますし、何よりも心強い。それを伝えると運転手は苦い顔。「人が多いと車が傷むしガソリン代もかさむ(!?)」と割増を要求するのです。すったもんだの末、5ドル程アップの「両者傷み分け」で話はつきましたが、何だかすっきりしません。

 前日の連れ込みバス、女性にべたつく従業員。長旅の疲れもあって、旅行者に対するカンボジア人のボッタクリ体質には「もう切れそう!」。今回に関しては金額の事ではなく「何人でも料金は同じ」との約束を平気で破る、その「取れるものなら取ってやろう」精神が嫌だったんです。
クーレン山料金表
クーレン山料金表
クーレン山入り口
クーレン山入り口
 とは言っても翌朝には、気分を変えて和やかに出発。途中バンティアイ・スレイの横を通ったのですが、周囲には売店が建ち6年前とはかなり雰囲気が変わってます。その上、中央部分は立ち入り禁止だとか。遺跡保護のためとはいえ、あのデバータを間近で見られないのは寂しいですね。

 と感慨に浸っている間にクーレン山入り口にやってきました。ここで20ドルの入山料(アンコール遺跡群とは別)を払うのですが、これは他の物価と比べても異常に高い。この時はミャンマー旅行の帰りに寄っていたので、「あのバガンですら10ドルだったのに」とつい比べてしまいました。

楽天のおすすめ

最近買いました