お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


ロリュオス遺跡群

 日本から遊びに来た友人のお供で三度目のアンコール訪問、彼女の希望もあって今回はガイド付きです。空港で私達を迎えてくれたガイドのチュムさんは、「今日は、最初に都が置かれたロリュウスから見学しましょう」。無論こちらに異議はありません。まずは、シェムリアップの南東13キロにある遺跡群に向け出発です。

 ロリュウス遺跡群 : 『8世紀後半、分裂して弱体化した古カンボジア王国はジャワの支配下に置かれ、王子ジャヤーバルマン2世も囚われ人となっていた。長じて帰国した彼は勢力を拡大、クーレン山で即位し、ハリハラーラヤ(現ロリュウス付近)に都を定め、国王を唯一の統治権者とする「神王崇拝思想」により国を支配した。』 − 「アンコールの遺跡」より抜粋
881年建立のピラミッド型寺院バコン
881年建立のピラミッド型寺院バコン
 「黎明期の寺院」と言うので、小さな祠を想像して来たのですが意外や意外、木立の奥に見えてきたのはドッシリとした石の壁。五層の基壇の上にそびえる塔は、アンコールワットの中央祠堂を思わせます。これだけの技術と組織力を既に持っていたとは驚きです。

 バコンは”神王思想”『地上の神(王)の住まいである都には、天上界の中心にあるメール山(須弥山)が必要』に基づき、インドラヴァルマン1世(ジャヤーバルマン2世の甥)が建てた最初の”ピラミッド型寺院”。この信仰がアンコール・ワット造営にも継承されたのですから、両者の雰囲気が似ているのも道理。「最初にここを見ておいた方が良い」とチュムさんが言う意味が判りました。

楽天のおすすめ

最近買いました