お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


乳海攪拌

 世界の始め、神々とアシュラ族は不老不死の妙薬「アムリタ」を作ろうと争っていた。しかし1000年経ても作り出せず、疲れた彼らは宇宙の創造神ヴィシュヌに助けを求める。ヴィシュヌ神は両者が力を合わせて「アムリタ」を作る方法を教えた。それは、
中央で音頭を取るヴイシュヌと舞うアプサラ
中央で音頭を取るヴイシュヌと舞うアプサラ
 マンダラ山を引き抜き、ヴィシュヌ神が化身した亀王の背中に乗せて軸棒とし、それに大蛇ヴァースキを巻きつけ、両者二手に分かれ(アスラ族は頭、神々は尻尾側)て引き合い海をかき回す。 1000年もの間これを続けると、生物は死に草木の汁も海中に流れて海水は濁り、白い乳のようになった。

 やがてこの中から太陽と月、続いて天女アプサラ(ここではヴイシュヌの左右で舞っている)、女神ラクシュミーが誕生し、最後に「アムリタ(甘露)」が出現した。
トンレ・バティの<Icambodia:bati-wat>タ・プロム寺院</I>にある乳海攪拌のレリーフ
トンレ・バティのタ・プロム寺院にある乳海攪拌のレリーフ
 これを独占しようとアシュラ達が争ったので、ヴィシュヌ神は美しい女性の姿になって彼らに近づき、彼らが見とれている間に神々は「アムリタ」を奪って飲み不死になった。

 (「世界の神話6 ヒンドゥー教の伝説」他参照)

楽天のおすすめ

最近買いました