お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


阿修羅

 1930年代に修復がなされたという装飾のない基壇、でもここには奇跡的に一つだけ「闘うアシュラの浮き彫り」が残っています。躍動感溢れる阿修羅は素晴らしい。でも前後左右の浮き彫りがなくて、どうして”ここ”と判ったのでしょう。仮置きが、定着したんでしょうか?不思議です。
闘うアシュラの浮き彫り
躍動感あふれる、闘うアシュラの浮き彫り
 最上部まで登って周辺を見渡すと、反対側の樹林の中には参道がのびています。どうやら私達は裏側から入ってきたらしい。正門方面に降りて見ると、東門の近くで調査をしている日本の方々がいました。遺跡群の修復は、日本を始め各国の研究者の協力で維持されているんですね。

楽天のおすすめ

最近買いました