お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


ラッフルズ上陸地

この地の指導者とラッフルズの歴史的会見
この地の指導者とラッフルズの歴史的会見
 短い時間でしたが、中心街をぐるっと一回りしてきました。最後に、『この地の指導者とラッフルズの会見は、シンガポールの近代史の始まりを示すものである』と言う、彼の上陸地点にやってきました。
この街の繁栄をどんな思いで見つめているのでしょう
この街の繁栄をどんな思いで見つめているのでしょう
 現在そこには、ラッフルズの銅像が建っているだけ。通常こういう場所に建つ銅像は、海のほうを向いているものですが、彼の上陸場面を再現したのか、港を背にして建てられているのが印象的でした。

 自らが切り開いたシンガポールの繁栄を、彼はどんな思いで見つめているのでしょう。

場所は、街歩きマップ11

楽天のおすすめ

最近買いました