お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


バーン・チアン博物館

 『ウドン・ターニーの東50キロ』、と記されていたので「11時には着く」と読んでいたのですが、私の乗ったソンテウはまるで”市場巡りルート”のように、あちらの市場、こちらの市場と寄っては人を乗せていきます。しかも、野菜を大量に買い込んだ人たちが乗り降りする度に、運転手さんは降りて手伝いを繰り返すので、博物館の前で降ろされた時にはもう昼近くになっていました。
バーン・チアン国立博物館入り口
模バーン・チアン国立博物館入り口
門を入ると右手に陶壁画コーナーがあり、左に行くと博物館でした
 バーン・チアンは1966年に発見された墳墓遺跡です。発掘当初は「タイの寒村に世界最古の農耕文明の跡か!?」と騒がれ、その関連記事をどこかで見た記憶が今回の訪問に繋がりました。その後の研究で年代は数千年新しく修正されたようですが、では一体何時頃なのかの確証はないようです。

展示室
博物館内は撮影禁止
、受付で許可を得て廊下から展示室を撮りました
 先史時代から始まる展示は、地元だけあって結構詳しいのですが、解説文がタイ語と英語とあってはただ展示品を目で追うだけ。土器のコーナーもさほどではなく、「優品は最初にバンコクに持っていかれたのかな」とも思いました。この土器はマニアの間でも評価が高いので、骨董品として国外にもかなり流出しているでしょうしね。

楽天のおすすめ

最近買いました