お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


スアン・パッカード宮殿

 2001年3月、タイ東北部のバーン・チアン遺跡を見学し、その後陸路でラオスへ向うためバンコクにやってきました。少しでも情報を集めようとガイドブックを見ていましたら、この宮殿には「バーン・チアンからの出土品の展示あり」とあります。10年前にも見学に来ていますが、その時は気づかなかったようです。
毎日、09:00~16:00のオープンです(料金80B)
毎日、09:00~16:00のオープンです(料金80B)
 この佇まいも、チケット代わりに手渡される民芸調のウチワも前回と同じ。でしたが、宮殿(とっても素敵な伝統的なタイ家屋です)に並べられた古美術品を懐かしく見ながらも、何かが「違う」感じがするのです。「アッ!」、きっとここ10年で私のが変わったのです。歴史に関する興味が増すにつれ知識もアップしてきますから、それで展示品の方から目に飛び込んできてくれるようになったのでしょう。

 ですから、展示室の一角にバーン・チアン出土のこの品々を目にした時などもう大変。頬づりしたくなるほど感激して、しばらくその場所を動けませんでした。以前から彼らはそこに置かれ、少しも変化していないでしょうに、ラブコールを送る私に展示品たちは、「前からここにいたのよ」と苦笑いしながら話しかけてくれているようでした。
バーン・チアン遺跡出土の装飾品
バーン・チアン遺跡出土の装飾品
 バーン・チアンの名を世に知らしめたのは、美しい彩色模様が施された土器。国立博物館にも、もちろん専用の展示室があり土器も並べられていましたが、こちらは置かれている場所が良いのか間近で見られるせいか、どれもが博物館より優れているように見えてしまいました。

楽天のおすすめ

最近買いました