お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


パオ族の話

 夕方にはジョージお勧めの、郵便局の向かいにあるマサージ店に行ってみました。土間の奥に三畳ほどの台があり、周囲をカーテンで仕切るとそこが施術室。マッサージをしてくれたのは、ガッシリした体躯におだやかな微笑を浮かべたパオ族のSさん。

 周囲に人気がなくなるのを待って彼は、ささやくような小声でアウン・サン・スー・チーさんの名を出し自分達のことを話し始めました。タブーだと思っていた彼女の名を聞いたのは、三週間のミャンマー旅行中これが最初で最後。ちょっと驚きましたが、話の内容はそれをはるかに上回るものでした。
土間の奥に三畳ほどの台があり、周囲をカーテンで仕切るとそこが施術室
土間の奥に三畳ほどの台があり、周囲をカーテンで仕切るとそこが施術室
 仲間がタイ国境の山岳地帯で戦っていること、自分も戦闘で指を失ったこと、政府は戦い取った土地への道路整備を無料奉仕でさせ、順次観光客向けに開放していること・・・。

 仕切りと言ってもカーテン一枚、土間には人が行き来する中で途切れ途切れに語られる彼らの実態は、話半分としてもショッキングな内容でした。スー・チーさんの「皆さんの訪問は軍事政権を承認し、経済的後押しをすることになるのでミャンマーには来ないで」という発言が、急に真実味を帯びて迫ってきました。

 もぎ取るように空港で両替させられた200ドルが政府の収入になり、少数民族を迫害する軍隊の力を強めている。旅行に来ている自分達の存在が政府を後押ししているなんて、何とも複雑な気持ちです。

 「今のままでは自分達に未来はない。世界の人に少しでもこの実態を知って欲しい」というSさんの重い言葉に対し、私に出来るのは見聞きしてきたことを皆さんに伝えるだけ。ミャンマーに興味を持つ方が一人でも増えてくれますよう、民主化が進んで公正な選挙が行われ、彼らが戦わなくても良くなりますよう祈ります。

楽天のおすすめ

最近買いました