お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


シュエジゴン・パゴダ

 馬車はかなり揺れるし幌で見通しが悪いので、見学の移動手段として1日300チャット(約50円)の貸し自転車を選びました。滞在中の3日間、オールドバガンまでの往復10キロと+数キロをサイクリング。自由が利くのは良いのですが、直射日光を浴びて赤茶けた大地を走り回るのはかなりハードです。 帽子、サングラスを用意し、適当に休憩を入れて日陰で休んで下さい。日焼防止には長手袋が重宝です。
Kyansittaha(チャンスィッター王:1084-1113年)の時完成
バガンを統一したAnowrahta(アノーヤター王:1044−1077年)が建設を始め、
その孫、Kyansittaha(チャンスィッター王:1084-1113年)の時完成
 最初の訪問地は、ニアゥンウーの村はずれにあるシュエジゴン・パゴダ。仏陀の遺骨と歯が納められていると言う巨大なパゴダは、ミャンマー仏塔の原型とも言われています。塗り替えのためか竹で足場が組んでありましたが、それでもその輝きは他を圧し、見ていると確かに「有難い」感じがしてきます。

 境内はかなり広くて、後からと思われる様々な様式の建物に取り囲まれ、不思議なハーモニーをかもし出していました。拝む対象があまりにも巨大だからでしょうか、こちらにはパゴダの四隅に小さな塔が配され、中には立仏が安置されていました。上の写真の右端に見える、ベンガラ色の壁の建物がそれです。

楽天のおすすめ

最近買いました