お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


王建墓

 ここは『唐滅亡後の戦乱期、この地に前蜀(907−960年)を興した王建(847−918年)の墓』。門を入ると正面に”永陵”のこんもりとした墳墓が見えます。中は前後3室からなっていて、一番広い中室には巨大な石棺が置かれています。

 ここの見ものは、石棺に施された各面6体ずつ、合計24人の技芸天の浮き彫りです。琵琶・竪琴・笙・篳篥(ひちりき)?・鞨鼓(かっこ)・ほら貝・シンバル・琴・小太鼓・小鼓・横笛…、等など22人の奏者と2人の舞姫。
石棺に彫られた24人の技芸天と、石棺を支える12人の力士達
石棺に彫られた24人の技芸天と、石棺を支える12人の力士達
 この発見は(永陵は1961年の発掘)、当時の楽器・演奏法・服装など中国音楽史上の貴重な資料とか。永陵に隣接した陳列館では、出土遺物と共に彼女達の写真一覧も見ることが出来ます。

 お目当ての力士さん達は、どちらかと言うと軍服をきた兵士風。左右に6人づつ、ひざの上に石棺を乗せるようにしてお墓を守っておりました。


名称王建墓
開館時間等08:30~18:30
入館料等入場料:2元、永陵:15元 (2000年当時)

楽天のおすすめ

最近買いました