お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


公州博物館

 翌朝7時半に宿を出ると外はまだ暗く、しとしとと冷たい雨まで降りはじめていました。公州行きは1日54便あり料金は3,400ウォン、所要時間は約1時間です。

 公州市外バスターミナルは市街地側ではなく、白馬江(錦江)の対岸にあるため、博物館や武寧王陵に行くには路線バスかタクシーを利用することになります。歩道橋を渡って、市内バス乗り場まで行ってみたのですが、雨足も強くなってきたのでUターン、この日はタクシーに乗ることにしました(博物館まで4,400ウォン)。
国立公州博物館
国立公州博物館
 この博物館の前身は、1934年発足の「公州古跡保存会」。1975年、国立公州博物館に昇格。2004年5月に新築開館されたという、まだ出来たてホヤホヤの博物館です。目玉は何と言っても、武寧王陵から出土した遺物。

 案内に『19571年に発掘・調査された武寧王陵の遺物108種2,906点と他の公州地域からの出土品500点余りが展示されています』と書かれていることからも、武寧王遺物の比重の大きさが判りますね。

 第一室は照明が抑えられ、まずは王陵を守る石の聖獣が見学者を迎えます。この聖獣、スポットライトの当て方かちょっと不気味にも思えましたが、どう見ても大きな「ブタの貯金箱」。この子が良くぞ今まで盗掘から、王と王妃を守ってくれたと褒めてあげたくなりました。
石獣に守られた、武寧王墓の模型展示
左の棺は、日本でしか自生しない高野槙製
石獣に守られた、武寧王墓の模型展示
左の棺は、日本でしか自生しない高野槙製
 次のコーナーは、墓室の実物大模型。聖獣君は棺を背にして、闖入者を威嚇するかのように入り口に向って立っています。この時は大して考えもせずに見ていたのですが、後で武寧王陵の模型館に行って日本語の解説を読み、初めてそれぞれの意味が判って来ました。

 左の棺は日本の高野山にしか自生しない高野槙製で、聖獣の前に置いてある2枚の四角い石が、閃緑岩に彫られた「墓誌」。その上に乗せられているのが、地神から墳墓用の土地を購入した証のお金です。

楽天のおすすめ

最近買いました