お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


ガーナあれこれ

ハマターン : 私が行った12月から翌1月にかけては、「ハマターン」と呼ばれる季節。遥か北のサハラ砂漠から、季節風に乗って細かい砂がガーナ上空にやってくる、そんな時期にあたっていました。ですからこの間は「南国の青い空」は望むべくもなく、晴れてはいても連日どんよりとした日が続きます。湿度も高くかなり蒸し暑いので、”幼児期以来”というアセモに悩まされてしまいました。

サークル : イギリスの植民地だったこの街の道路は、交差点のほとんどがイギリス式のサークル形式。アクラのほぼ中心には「エンクルマ・サークル」(通称「サークル」)がありますが、交通の要所とあっていつも大渋滞していました。友人の車を借りて運転するようになった時、ここを通るのは恐怖でした。3車線のサークル内は上手く入らないと身動きが取れなくなり、自分の行きたい方向に出られないのです。 (そういう時は仕方がないのでもう1周)

ガーナ料理

ケンケー :  友人の家で初めて口にしたガーナ食が「ケンケー」。これは発酵させたトウモロコシの粉を練って皮に包み蒸したもの、日本のちまきか笹団子をご想像下さい。味はといいますと、少し発酵させてあるのでうっすら酸味があります。これを、辛いチリーソース(ケンケーを買うと付いてきます)などにつけて食べます。

 納豆と同じにこの酸味で、「2度と食べたくない」派と「病み付き」派に別れるようです。彼女は「病み付き」派らしく朝食でよくこれを食べました。トマトや玉ねぎのすりおろしをこのチリーソースに混ぜるとさっぱりして結構いけましたよ。

バンクーとフーフー : 当時もそうでしたが、今でもどちらがどちらかよくわからないのです。多分私が好きだったのは「フーフー」の方だと思うので、そのつもりで説明をします。キャッサバ、プランテーン(バナナの一種)などを茹で、日本の餅つきの臼と杵ではなく「お月様の上でウサギが餅つきをしている」あの形の臼と杵でつく。

 これを適当にちぎりスパイシーな「オクロスープ」などにつけて食べます。オクロとはオクラのこと、あちらのは日本の数倍はあろうかという巨大オクラでこのスープは飛び切りおいしい。このスープにはチキンやカニ、魚入りもありました。

楽天のおすすめ

最近買いました