お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


トラブル1(ソフィア)

 トラブルその1は、ブルガリアのソフィア空港での出来事です。「これが一番安い」(22万ほどでした)から、と手配したバルカン・エアーのガーナ行きチケット。これはブルガリアの首都ソフィアで一泊(ホテル代は無料)し、翌朝ナイジェリアのラゴス乗り換えでガーナに入ることになっていました。

 ところが朝の空港は、何かもめごとがあるのか一向に手続きの列が進みません。前日成田からアフリカ行きに乗ったのは、ナイジェリア人と結婚しているK子さん、日本女性と結婚しているナイジェリア人、日本で働いているガーナ人の青年、そして私の計4人。アフリカ人に対する空港職員の露骨な差別に、昨日から不快なものを感じていましたが、この朝は頭がプッツンしてしまうぐらい酷いものでした。被害者は日本語も達者な前述のナイジェリア人で、彼の所持金が問題になっていたのです。

 昨日はチェックもしないで入国させておきながら、今朝になって「800ドル以上持っているから出国させない。」と言うのです。このお金は日本で働いている彼の友人達が、「ナイジェリアの家族に渡してくれ」と彼に託したもの、と聞いています。 スーツケースの中身まで床にぶちまけ、一方的に怒鳴っている係官と弁明している彼。周囲は同郷の人達が取り囲み、「暴動のきっかけもこんなのか」と思うほど、不穏な空気が満ち満ちていました。

 数十分後、「蹴られた」と痛そうに待ち合い室に現れた本人に聞くと、「やつらは金が欲しかっただけさ」とはき捨てるように一言。土産品の一部は壊された上、現金で200ドルも取られたそうです。同じことが数時間後に自分にも降りかかってくるなんて! 「神のみぞ知る」です。アーメン。

楽天のおすすめ

最近買いました