お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


キューバ

 1997年、カンボジアを旅行中に知り合ったSさんに、「キューバに行くなら今のうち」と勧められました。その心は? 「カストロがいなくなったら、あの国は大きく変わる」。だから「彼の健在な間がチャンス」との事でした。日本から直行するのは難しくても、隣国メキシコからなら「簡単」と聞き、少し日程に余裕を持たせてメキシコ旅行に出かけました。
キューバ
匕首(あいくち)を突きつけるような形で、メキシコ湾入り口に横たわる
カリブ海に浮かぶ、美しい島キューバ (クリックすると白地図と地勢図が切り替わります)
キューバ小史1

1492年 コロンブス上陸
1526年 アフリカからキューバへの黒人奴隷直接輸入開始
1590年代 サトウキビ・タバコの栽培が広まる
1839年 キューバ向けの奴隷船”アミスタッド号”、
 奴隷の反乱で米国に検挙され裁判にかけられる
1843年 人種差別と奴隷制撤廃を求めマタンサスで黒人蜂起

 その後、併合(アメリカへの)主義を経て、独立戦争へ向かう

キューバ
1998年の訪問地
 話を聞いた翌年、1998年に渡ったキューバでは、革命広場にはチェ・ゲバラの巨大なネオン、街角で売られているのはゲバラ・グッズ、ハイウェイには彼の大看板、とチェ・ゲバラ一色。彼が殺されてから30年以上も経つ、と言うのにです。彼の人間性が人々に愛され続ける所以でしょうが、長引く経済封鎖からくる閉塞感が、現実にはいない人物を慕わせるのかもしれませんね。

このページの関連洋書

楽天のおすすめ

最近買いました