お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


木落とし坂

 夕方までに東京に戻らなければいけなかったのですが、余りにも天気が良いので山出しとは反対に、上社側から木落とし坂まで辿って見ることにしました。
川越しが行われた宮川
川越しが行われた宮川
背後に見えているのは八ヶ岳です
 前宮から川越し地点までは車で数分、川幅は30mほどでしょうか、水かさもそうないようです。でも4月始めには八ヶ岳の雪解け水を集めてかなりの深さになり、10トンを超す巨木を渡すのは大変なことだと聞きました。

 次に向かったのは”木落とし坂”。宮川を渡り、中央道を越え、20号線を少し甲府方面に走り、中央線のガードをくぐると、すぐ左手がその坂でした。上まで登ってみて、余りにも近くほぼ真下に線路が見えるのに驚きました。
意外と低い木落とし坂
意外と低い木落とし坂
中央線がこんなに近い!
中央線がこんなに近い!
 最大斜度25度、とは真っ直ぐ降りるのはちょっとためらわれる角度。高低差が10mほどと、下社の最大斜度35度、高低差32mとは比較にならないのですが、この中央線に向かって落とすのは、又別の迫力があると実感しますね。

 これで2004年の御柱はおしまいです。参考までに、1998年の御柱も見て下さいね。

楽天のおすすめ

最近買いました