お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


壱岐

 数年前に璧(へき)を求めて北部九州を訪れてから、「いつか行きたい」と思っていたのが壱岐と対馬。本当は『始めて一海を渡る、千余里、対馬国に至る。又、南して一海を渡る千余里、一大(支)国に至る。』との倭人伝の記述通り、半島から対馬を目指し壱岐へと南下したかったのですが、予算と日程の関係上今回は諦めざるをえません。

 次善の策として、メインの福岡からでなく、末盧国のあった佐賀県の呼子港から壱岐を目指すこととしました。呼子と壱岐の印通寺港までは直線距離で約26km。九州郵船のフェリー「げんかい」は1日6往復、この間を1時間20分で結びます。
呼子と壱岐を1時間20分で結ぶ、九州郵船のフェリー「げんかい」
呼子と壱岐を1時間20分で結ぶ、九州郵船のフェリー「げんかい」
(2005年11月現在、片道の2等運賃は1310円)
 出航は9時、荷物を船室に置きすぐに甲板に出ました。「名護屋城はどのあたりでしょう?」「呼子の七つ釜は?」など船員さんに質問しながら写真を撮っていると、やはり撮影に忙しい男性の姿。どちらからともなく挨拶を交わすやいなや、彼は堰を切ったように海藻の話を始めました。

 この方は、「もっと藻の話」と言うユニークなHPで、藻に関するいろいろな話を紹介している富山大学の濱田さん。何でも海藻食と海藻文化のルーツを辿り、今回の壱岐行きを計画されたとか。「実は今日、島を案内してもらうことになっているのです。よろしければご一緒に」とお誘いを受けました。海藻から古代を見るなんて、これは面白そう。一も二もなく、「お願いしま~す!」

関連リンク

九州郵船:http://www.kyu-you.co.jp/
壱岐市役所:http://www.city.iki.nagasaki.jp/
壱岐市観光協会:http://www.ikikankou.com/

名称壱岐観光協会
住所壱岐市郷ノ浦町郷ノ浦281-6
(Googleによるこの住所の地図)
(Googleによるこの住所の衛星写真)
電話0920-47-3700
佐賀県唐津市鎮西町加唐島3310近辺の地図

楽天のおすすめ

最近買いました