お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


武雄温泉

竜宮城のような朱塗りの楼門は武雄温泉のシンボル
竜宮城のような朱塗りの楼門は武雄温泉のシンボル
 佐賀、いいえ九州の名湯武雄温泉。この温泉につかりたくなって、宇宙科学館にかこつけて(?)武雄まで来たようなもの。朝は6時半から、と聞いたので早速朝風呂に入りに行きました。ここには殿様湯・家老湯から蓬莱湯まで営業時間と料金体系の異なる5つのお湯がありますが、私が入ったのは庶民的な元湯です。

 元湯は明治8年建造の天井が高く湯気抜きのある湯屋建築。このため長く入っていてものぼせることはありません。湯治場の趣を残した木造の浴室には、先客がすでに10人ほど。時間が早いためか大半は御老人で、浴室のあちこちで四方山話に花が咲いていました。奥の浴槽の湯温は草津の湯のようにかなり高いのですが、あせも気味の首筋には刺激的で心地良いものでした。
「秀吉公掟書」のかかる浴室
「秀吉公掟書」のかかる浴室
秀吉公温泉掟書

一、湯治の客は土地の者に対して、難題を申し付けてはならない。

一、客は一人につき、五文の宿銭を支払うこと。

一、薪柴の用意は必要であるが、屋敷廻りその他指定地内の樹木を伐採してはならない。

 − 天正二十年六月十八日 − 
 こういう温泉では入浴客同士のおしゃべりが楽しい。「どこから来たのかい」から始まった会話は、「捻挫して歩けなかったのがこの温泉で治った」話から、嫁・孫の話題まで尽きることがありません。ホント、いつまでもこのままで残しておいてもらいたい、良いお湯でした。

楽天のおすすめ

最近買いました