お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


須玖岡本遺跡

 駅から徒歩約15分。教えられた所には道路脇に、「青銅器工房跡」の説明版があるのみ。 迷い込んだ住宅街の一角には「王墓跡」の標識があったので、遺跡近くに来ていることに違いないのでしょうが、そこは歴史的遺構のかけらもないただのお家。「??」。

 「遺跡はどこ」かと途方にくれていると、丁度その家から人が出てきました。聞いてみると、「アー、それなら奴国の丘でしょう。ドームが二つ見えますからすぐわかりますよ」と行き方を教えてくれました。途中、熊野神社の境内にも「この丘陵一帯はかつて・・・」と須玖岡本遺跡の説明版があり、そこから5分ほど歩くと前方に、銀色に輝く2つのドームが見えました。
「覆屋A棟」の甕棺墓
「覆屋A棟」の甕棺墓
 「覆屋A棟」となっている手前のドームに入ると内部は、博物館でしか見たことがないような甕棺が、実際の使用状況そのままに並んでいました ! 入り口のスイッチを押して、説明テープを聞きながら見学しましたが、「お墓をこんな形で見ていいのかしら」と後ろめたさと不安な気持ちにさせられてしまいました。他に見学者がいなかった(つまり一人だった)からかな。

甕棺墓: 『弥生時代前期の後半(今から約2000年前)になると盛んに造られるようになり、その後北部九州の代表的な墓製として発達する』。
甕棺墓・木棺墓・竪穴遺構が見られる「覆屋B棟」
甕棺墓・木棺墓・竪穴遺構が見られる「覆屋B棟」
 1899年(明治32年)に偶然発見された王墓も含め、須玖岡本遺跡の多くが今は住宅の下。「もっと早く重要性に気づいて保存しておけば良かったのですが、昭和30年代の宅地開発で農地は住宅地になってしまいました」とは、歴史資料館の職員さんの話。残念な現実ですがこれで、「須玖岡本遺跡」を地域の皆さんが知らなかった訳がわかりました。

楽天のおすすめ

最近買いました