お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


御前湯

 最初”ドイツ温泉村”と書かれた方に行ってしまい、浴室に入ってから「あれ、これは違う」。後から入って来られた方に「他の共同浴場は?」と聞くと、「あちらは人が多くてね。ここの方が静かでいいの」と言いながら、御前湯の場所を教えてくれました。やれやれ、やっと御前湯が見つかりました。まずは写真を撮りがてら付近を散策。ドイツを意識しているのでしょうか、かなり風変わりな建物ですが、木造というのはいいですね。
木造三階建て、ドイツ風の御前湯
木造三階建て、ドイツ風の御前湯
 この日の女湯は3階。中央に少し深めの円形浴槽、右手に炭酸ガス濃度が高い低温の浴槽。他に露天風呂・サウナなどの設備がありました。これだけの設備ならゆっくりしていきたいところですが、まだ飲泉場とかに湯も見に行かなくてはいけません。とすると入浴用の持ち時間はたったの30分。「今日は押戸ノ石を見られただけでも収穫だったんだから」と自分に言い聞かせ、泣く泣く「カラスの行水」で済ませてきました。

楽天のおすすめ

最近買いました