お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


島を愛す

 利尻富士温泉でサイクリングの汗を流し、夕日ヶ丘に急行しました。丘に登ると礼文島の上に、初夏の太陽がちょうど沈んでいく所。振り向けば朱に染まる利尻が、町を見守るかのように聳えています。この両雄を前後にし、無意識に口ずさんでいたのはあの唄、利尻と礼文への賛歌”島を愛す”でした。
礼文島に沈む太陽
礼文島に沈む太陽:夕日ヶ丘展望台にて
 ”知床旅情”や”マリモの唄”もミーティングの定番でしたが、どちらもちょっとおとなしい。♪ここ最果ての~、と声を張り上げられるこの曲は、ボヘミアン的なその歌詞と相まって、北を好んだホステラーの間では人気があったのです。

山高くして夢があり
山高くして歌がある

ここ最果ての利尻よ礼文
君を訪ねて姫沼かなし

我ら島を愛して旅を行く
朱に染まる利尻富士
振り向けば朱に染まる利尻の姿
桃岩とミヤマオダマキ
桃岩とミヤマオダマキ
桃岩たどる君の手に
エーデルワイス花開く

ここ最果ての利尻よ礼文
花に口づけ峰ふりあおぎ

我ら島を愛して歌う唄
岬に今日も鳥が鳴き
ふぶきになげく海馬の島

ここ最果ての利尻よ礼文
何を語るかあのカラ松よ

我ら島を愛して北を行く
スコトン岬とトド島
スコトン岬とトド島


さよなら利尻
さよなら利尻、今度は登りに来るからね!
 翌早朝、利尻登山に出かける同宿者を玄関前で見送り、8時40分のフェリーに乗り込みました。当然のことながらここでは見送りパフォーマンスはなく、いたって静かな出港です。エサ欲しさに付いて来るカモメが、別れを惜しんでいるように見えてしまうのは、単なる旅の感傷。とわかってはいても、

 「さようなら~。又、来るからね~!」。
北海道利尻郡利尻町沓形近辺の地図

楽天のおすすめ

最近買いました