お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


桃岩荘

 歩き出して15分、巨大な岩の塊り”桃岩”を見下ろす展望台に到着しました。流れる霧に桃岩や眼下の海面が見え隠れして良い感じ。ここから元地灯台まで延びる遊歩道は、別名”礼文フラワーロード”。多少アップダウンはありますが、ミヤマオダマキ、チシマフウロ、イワベンケイ、レブンキンバイ、クロユリ・・・、次々と現れる花々に誘われ足も軽くなります。
大沢の頂上からは桃岩荘も見えます
大沢の頂上から元地海岸方面の展望:桃岩荘も見えます!
(クリックでアップ画面に変わります)
 途中の小ピーク、大沢に着く頃にはすっかり青空になっていました。ここから元地海岸方面の眺めは絶景。前になり後になりで歩いていたホステラーが、「ここからは桃岩荘も見えるよ」と教えてくれました。「呼べば応えてくれるから」と聞き、全員で「オーイ!」。と誰かが建物に駆け込み、旗を持ちだし大きく振り始めました。オウオウ、すごいサービス精神だこと。

 初日の今日は元地灯台からUターン、花の写真を撮りながらゆっくりと引き返しました。桃岩トンネルを抜け、猫岩が見えるようになるとユースはもう直ぐ。少し手直しされこぎれいになっていましたが、囲炉裏のある広間は昔のまま「懐かしい!!」。ただ、広間を取り囲む屋根裏部屋が総て「男性用」で、女性部屋は裏の増築部分になっていたのがとっても残念でした。
バンカラライブ風ミーティング
バンカラライブ風、時代逆行(?)のような強制ミーティング
あの頃も派手でしたが、よりショー的要素が増えたみたいでした
 でも外界とは異なる「桃岩タイム」やちょっとお馬鹿でバンカラなミーティングは健在。ただ強制的な約束事が多くて、夜ゆっくり休めなかったのは誤算でした。寝不足のため翌日の8時間コースで大ポカをしてしまいました。

 もちろんそれは自分のミスでユースのせいではないのですが、晩酌や夜の自由時間が当たり前になっている当方には、団体行動重視の生活はちょっとシンドイ。そうは言っても、ここ桃岩荘にはそれを突き抜けた魅力があります。ウーン、又来年も来てしまうかも。

名称桃岩荘ユースホステル
住所〒097-1201
礼文郡礼文町大字香深村字元地
(Googleによるこの住所の地図)
(Googleによるこの住所の衛星写真)
電話01638-6-1421
開館時間等6月1日~9月30日
入館料等1泊2,900円(ユース会員)、朝食600円、夕食1,000円
その他会員外はプラス1,000円。
近辺の地図

楽天のおすすめ

最近買いました