お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


北海道開拓の暗部

 『囚人を使えば工賃は半分以下、酷使して死んだとしても一般人に比べれば責任は軽く、監獄支出の減少にもなり好都合」だから「北海道開拓のため、大いに囚人を使うべし』 (山谷一郎著「網走刑務所」より) と言う明治政府の方針の元、北海道開拓の急務、オホーツク沿岸と道央(札幌)を結ぶ中央道路の開削に囚人を使おうと、明治23年に釧路監獄の分監として開設されたのが網走監獄。
休泊所(再現構築)
休泊所(再現構築) : 別名「動く監獄」
この様式が後の工事現場等に取り入れられ、タコ部屋と呼ばれるようになった
 帰宅してから山谷さんの著書を読んで、資料館で見た「釧路から網走へ向う囚人達」のジオラマが生々しく思い出されました。ここに来る前にこの本を読んでいたら、資料館に並べられた資料の重みがもう少し深く理解できたのに、と思うと残念です。公式サイトには、「見るのはいいが、入っちゃいけねえ!」監獄の生活が詳しく紹介されています。今日の北海道の基礎を築いた、尊い方々の歴史を、是非一度ご覧下さい。

 翌日通った中央道路の北見峠には、彼ら囚人の惨状を悼み刻んだ慰霊碑が建っていました。

楽天のおすすめ

最近買いました