お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


年末恒例

 『年末の「第九」のことの起こりは昭和18年。東京音楽大学(東京芸術大学音楽部)の奏楽堂で行われた、出陣学徒壮行の音楽会と言われています。

 太平洋戦争の状況が悪化する中、法文系学生で満20歳に達した者へも徴兵令がくだりました。彼らは入営期限を間近に控えた12月の初旬、繰り上げ卒業式の音楽会で、「第九」の第4楽章を演奏したのです。

 出征した者の多くが戦死し、やがて太平洋戦争も終わりました。生きて帰ってきた者達の中で、奏楽堂の別れの際に演奏した「第九」を再び、と言う声があがり演奏の運びになりました。暮れの「第九」の出発は、戦場に散った若き音楽学徒への鎮魂歌(レクイエム)だったのです』。
ドイツ館、俘虜収容所での「第九」演奏会のジオラマ
ドイツ館、俘虜収容所での「第九」演奏会のジオラマ
 『その後日本経済の復興とともに、オーケストラ団員の越年資金を得るために、年末に「第九」が演奏されるようになり、しだいにそれが定着していったと思われます』と、15回記念講演時に配布された「なるとの第九」には書かれていました。詳細はこの冊子を企画編集・発行しました鳴門市文化会館にお問い合わせ下さい。

 〒772-0003 鳴門市部撫養町南浜東浜24ー7
 TEL : 0886ー85ー7088(代)

楽天のおすすめ

最近買いました