お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


賢治詩碑

 こんもりとした林に向かってしばらく歩いていくと、となにやら前方が輝いて見えてきました。「アッ」。明るく輝いて見えていたのは、遠くの北上川と眼下に広がる水田が、太陽を鏡のように反射していたからでした。 ここは賢治が羅須地人協会を開き、農業の指導や芸術活動を行った土地。今は高村光太郎 揮毫(筆による)の、「雨ニモマケズ」の碑がその場所である事を教えています。
賢治詩碑
高村光太郎 揮毫の(筆による)「雨ニモマケズ」の碑
 この詩碑、脱字の追刻(建立8年後に脱字のあるのを知らされた光太郎は追刻を快諾した、と説明文に記されていました)があるのはご愛敬としましても、「雨ニモマケズ」の碑とはいいながら馴染みの薄い詩の後半部分で、有名な前半部分「雨ニモマケズ 風ニモマケズ」がないのは寂しい。

 それにしても何故光太郎が揮毫したのでしょう。疑問は深まるばかりです。

楽天のおすすめ

最近買いました