お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


不老不死温泉

 さて、今回最後の訪問地が、黄金崎「不老不死温泉」。太平洋側の六ヶ所村から、青森市内を抜け、日本海側にある温泉までひた走ります。楽しみにしてきた温泉でしたが、あいにくと満室だったため立ち寄り入浴のみとなりました。駐車場から海を眺めると、遠く波打ち際に露天風呂が見えます。かなり風が強く波も高いのですが、「入るぞ!」と意を決し、フロントに入浴料を払いに行くと、「露天風呂は無料です」とのこと。
不老不死温泉看板
趣きのある看板でした、今もたっているのでしょうか?
 で、イソイソと海岸まで降りていきましたが、「どこで着替えたらいいの!?」とお風呂を前に思わず絶句。風が強いのに周囲には囲いも何もなく、服を脱いだら(手を放したら)最後、すぐにどこかに飛んでいってしまいそうです。「先客はどうしているのかしら?」と岩陰を見ると、それぞれの服の上には石が乗っています。では、とまずは手頃な石捜しから。
不老不死温泉
日本海に張り出した、ひょうたん型のユニークな浴槽
 茶褐色でぬるめの湯なので、入ってしまえばこちらのものですが、脱衣中は身を隠すより、服が飛ばないようにするのが精いっぱい。入浴するのに決死隊のような覚悟が必要でした。

 その後入ってきたツアーの一団、旅行社からのアドバイスでもあったのでしょう、女性たちの浴衣の下はなんと水着姿。恥じらいも情緒もなく、プールに飛び込むようにドボンドボンでは「苦労して裸で入った私の立場がないじゃない!?」。大自然の中の露天風呂にはやはり、自然のままの姿でつかりたいものです。

 ところが最近、「お風呂に囲いができてたよ」と、2003年にこの地を訪れた知人から聞かされました。公式サイトを見ると、「日帰り入浴の利用は本館のみ」とありますので、1997年当時とはだいぶ様子が変わっているようです。”秘湯”となると旅行会社が狙ってツァーを組み、それを目当てにツァー客がどっと押し寄せる。ちょっと有名になりすぎてしまったのかもしれませんね。

名称黄金崎不老不死温泉
住所〒038-2327
西津軽郡深浦町大字舮作(へなし)字下清滝15
(Googleによるこの住所の地図)
(Googleによるこの住所の衛星写真)
電話0173-74-3500
青森県西津軽郡深浦町舮作下清滝15近辺の地図

楽天のおすすめ

最近買いました