お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


平和祈念資料館

沖縄戦: 『1945年4月1日、米軍は西海岸に無血上陸、3日には東海岸に達し沖縄本島を分断。4月5日からは南北に進攻し、15日には北端の辺土岬まで制圧。5月29日、首里城に星条旗が翻り、日本守備軍は南部に撤退。玉砕覚悟の持久戦をとった。

 本土決戦を1日でも遅らせるためのこの作戦は、「鉄の暴風」(米軍による無差別の砲撃・爆撃)を招き、12万余の民間人犠牲者を出した悲劇の沖縄戦へと人々を追い込んでいった』。
平和祈念資料館
平和祈念資料館
『戦争をおこすのは たしかに 人間です
しかし それ以上に

戦争を 許さない 努力のできるのも
私たち 人間 ではないでしょうか』


 − 展示室結びの言葉より抜粋 −  

 歴史に「もし、たら」は無いのですが、もし日本軍が沖縄で持久戦を取らなければ沖縄の悲劇はなく、広島・長崎への原爆投下もなく、太平洋戦争は8月を待たずに終結に向ったのでしょうか。

楽天のおすすめ

最近買いました