お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


博覧会

 御木本幸吉は「博覧会男」と異名を取るほど、国内外の博覧会に積極的に参加したそうです。「参加するからには目立たなくてはいけない」。話題作りが何よりの広告という信念で作られた、真珠をふんだんに使った豪華な工芸品の数々。さぞ当時の人々を驚かせた事でしょう。この「自由の鐘」を始め、代表的な作品はこの博物館で見ることが出来ます。

  • 1858年 : 幸吉、鳥羽市に生まれる
  • 1910年 : 「軍配扇」と「屏風」 (ロンドン)
  • 1926年 : 「御木本五重の塔」 (フィラデルフィア万博)
  • 1933年 : 「ジョージ・ワシントンの生家」 (シカゴ万博)
  • 1937年 : 「矢車」 (パリ万博)
  • 1939年 : 「自由の鐘」(ニューヨーク万博)
  • 1954年 : 9月21日永眠(96才)
ニューヨーク万博へ出品した、"自由の鐘"
ニューヨーク万博へ出品した、”自由の鐘”
 特に良く見てきていただきたいのは、第2展示室の「矢車」と第4展示室の「夢殿」です。大型帯留め「矢車」は、12通りの使い分けができるという日本ジュエリー史に残る傑作。養殖真珠生誕100年を記念して製作された「夢殿」は、日本の伝統技法と真珠を随所にちりばめた重厚華麗な作品。製作過程・早変わりの様子などは、共にビデオで鑑賞できます。

楽天のおすすめ

最近買いました