お品書き

お品書きの表示切替
展開 | 折りたたむ

知人のサイト


天心記念五浦美術館

天心記念五浦美術館
天心記念五浦美術館
 六角堂から車で5分、今回のメイン目的地”天心記念五浦美術館”に到着しました。駐車場も広いし、流水をあしらったアプローチも良い雰囲気。立派な建物に足を踏み入れた時には、「さあ何が見られるのだろう」と期待に胸が高まりました。

 入り口ロビーは広々として天井も高く、まるで高級ホテルのようです。上品な色調に整えられた展示室、まずは岡倉天心記念室から見学してみましょう。書斎の再現コーナーから始まり、東京美術学校の制服と帽子(平安貴族の私服の様、とでも申しましょうか)、遺品や書簡などが広い室内に整然と並べられていましたが、どうも天心の人となりが浮き上がってきません。
五浦美術館、エントランスホール
五浦美術館、エントランスホール
 ここの展示より、六角堂から海を眺めている方が「彼に近づけそう」。見ているうちにそんな気さえしてきました。”天心”という名を冠する以上、プラスαの”心”が欲しいもの。建物が立派なだけに、そして六角堂の印象が強かっただけに、「仏作って魂入れず」のような物足りなさを感じてしまいました。見学順序を逆にした方が良いかもしれませんね。

名称天心記念五浦美術館
住所〒319-1703
北茨城市大津町椿2083
(Googleによるこの住所の地図)
(Googleによるこの住所の衛星写真)
電話0293-46-5311

楽天のおすすめ

最近買いました